信濃屋(shinanoya)ではウイスキーやスピリッツ、リキュールなどお酒を多数ご用意しております.
    

Dear our customers in foreign countries,We can ship to your country via DHL.. Click here to our English guide.
カレンダー
2019年 04月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
今日
2019年 05月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
SHINANOYA SAKEDORI SHOPブログ
SHINANOYA SAKEDORI SHOPブログ
商品情報等更新中につき
是非お立ち寄り下さい!!

 



【完売御礼】グレンギリー マディラフィニッシュ [2011] 「TEMPTATION」 SHINANOYA MAINSHOP 19th ANNIVERSARY ※こちらは1月25日(金)以降順次出荷予定となります。

商品コード : 4582180121721
価格 : 6,580 円(税込 7,106 円)
ポイント : 71
数量
 

品切れ

  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ
GLEN GARIOCH
「TEMPTATION」
6yo [2011]
MADEIRA WOOD FINISH
SHINANOYA MAINSHOP
19th ANNIVERSARY

前回、ボウモア1989 23年のボトリングで
大変好評を頂いた TEMPTATIONシリーズ。

”TEMPTATION…誘惑”の名の通り、
新宿不夜城「歌舞伎町」のアブナイ雰囲気と
パフューミーな個性を持つことで知られる、1980年代ボウモアというチョイスが見事にマッチした、魅惑的なボトリングでした。

今回、「TEMPTATION」次弾として選ばれたのは、
モリソンボウモアファミリーが、かつて、
同時期に所有していたことで知られる、グレンギリー蒸留所。
古典的なハイランドモルトとしての一面も持つ、グレンギリー
ですが、1970年代終盤〜1980年代には、ボウモア同様に、
パフュームの個性が出ていた蒸留所としても知られています。

今回は、そんな姉妹蒸留所であるグレンギリー蒸留所から、
異なる二種類のウッドフィニッシュを施した原酒をチョイス。
信濃屋本店アニバーサリーボトルとして、
リリースすることと相成りました。


異なるウッドフィニッシュによる薄化粧から生まれる
香味の違いをお楽しみください。

---Tasting Note ---
香り:サルタナレーズン、黒糖、金木犀。
味わい:口に含むと、チェリー、干しあんず、干し柿の濃厚な甘さ
ミルクチョコレート、かすかな花の香り。
フィニッシュは紅茶の渋みののちに、焼いた洋梨の柔らかな甘み。
(Tasted by 信濃屋ワイン館ハードリカー担当 川口)
---信濃屋本店(ワイン館)---
弊社信濃屋の中でも随一の品揃えを誇る、本店メインショップ。
1階は、世界各国のビール、350種類以上のウイスキー、 専門的なスピリッツ・リキュール、おつまみなどを取り揃え、
2階はワイン、こだわりの日本酒、人気の本格焼酎、ワイングッズのフロアーとなっています。

●駐車場完備
●電車:小田急線世田谷代田駅より徒歩約8分/下北沢駅より徒歩約12分
●バス:JR渋谷駅より小田急バス54番、経堂駅行き「代田1丁目」バス停前
●お車:環状七号宮前橋交差点を渋谷方向に約300m「梅ヶ丘通り」沿い
 
●営業時間:月曜日〜金曜日:11:00〜23:00
土曜・日曜・祝日:10:00〜23:00
●住所:東京都東京都世田谷区代田1-42-1
●TEL:03-3412-2418 
●FAX:03-5433-2838
Region(地域) Highland
Cask Type(カスクタイプ) MADEIRA CASK FINISH
Quantity(ボトリング数) 240 bottles
Age(熟成年数) 6yo
Strength(度数) 57.9% vol.
Volume(容量) 700ml

トップ > ウイスキー > 信濃屋プライベートボトル > スコッチウィスキー > 【完売御礼】グレンギリー マディラフィニッシュ [2011] 「TEMPTATION」 SHINANOYA MAINSHOP 19th ANNIVERSARY ※こちらは1月25日(金)以降順次出荷予定となります。

  • 前作のTEMPTATIONに、引き続き、ウイスキー業界では珍しい、スワロフスキーをあしらった視覚からも捉えどころのあるラベルデザイン にも注目です!

  • 前回の「TEMPTATION」シリーズ。ボウモア1989 23年。 パフュームの誘惑。 初めての実店舗限定ボトリングとしての一面も持っており、新宿店のアニバーサリーボトルとしてリリース。 不夜城「歌舞伎町」 のイメージとパフュームで知られる1980年代ボウモアの危うい怪しさを放つ「89ボウモア」原酒 のイメージが見事に重なったリリースでした。

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません