こだわりの酒・洋酒・ウイスキー・ブランデー・バーボン・ジン・ラム・テキーラ・甘味果実酒の通販ショップ 信濃屋 | SHINANOYA NET SHOP

奥出雲葡萄園 ピノ・グリ [2021]

商品コード:4939368002172

11:59までの注文で最短翌日お届け

価格:税込2,860(税抜 2,600円)

在庫数:6

購入数

ポイント:28

商品について問い合わせる お気に入りに追加

商品情報

商品情報

商品情報

商品情報

商品情報

750ml

商品情報

商品情報

商品情報

軽コク
さまざまなタイプの料理に合わせやすいまさにマルチプレイヤー。

ギフト包装、承ります。

料金52円〜。大切な人への贈り物におすすめです。
ご希望のお客様は商品と一緒に
対応可能なラッピングをカートへ入れてください。

ギフト包装を選ぶ
日本ワイナリーアワード2022において4つ星ワイナリーとして評価された山陰地方を代表するワイナリーの限定キュヴェが限定数量で入荷しました。

『奥出雲葡萄園のワイン造りのポリシー"symbiosis-共生-"』
 
きれいな水と澄んだ空気、そのままの自然が残る街"奥出雲"出雲神話と共に歩んできた土地、雲南市でワインは造られています。土地の自然に向き合い生態系を崩さない葡萄づくりを行い、自然と共生し、地域と共存していくことが奥出雲葡萄園のワイン造りのポリシーであり、symbiosis(共生)が詰まっています。

日本ワイナリーアワード2022においても、4つ星ワイナリーとして評価された山陰地方を代表するワイナリーです。
※2022年は327場が対象となり、最高が5ツ星で16場、4ツ星も60場とその評価の高さを伺い知ることが出来ます。
OKU-IZUMO VINEYARD PINOT GRIS[2021]
『世界標準への挑戦』品種の個性を存分に伝える人気シリーズ

やわらかな酸味と完熟フルーツを想わせる香りが特徴的。まろやかでふくらみのある味わいが楽しめる白ワイン。生産量が少ないので完売必至の1本です。
Country(生産国)
日本
Region(地域)
島根県
Cepage(品種)
ピノ・グリ
Volume(容量)
750ml
 
こちらはネット店限定商品となります。
『ワイナリー訪問記』
~奥出雲葡萄園のsymbiosis「共生」~


岡山からJR山陽本線で出雲に到着です。昨今の電車でこんなに揺れるのか!?と思いながら山の中を電車が進んでいきますのでパソコンを開くのを諦めました(笑)お陰様で電車の車窓から眺める景色は自然豊かで癒されました。

さて、島根県=ワインのイメージがあまりない方もいらっしゃるのではないでしょうか!?島根県内には4件のワイナリーが存在します。今回はその中から2件訪問させていただきまして、販売することとなりました!!東西へ広がる大地は横に長く、日照時間や気候風土なども地域ごとに異なる島根県。出雲市・雲南市をとっても、それぞれの土地で造られたワインには、地域ごとの個性がふんだんに詰まっています。

また日本が誇るワイン醸造用白ブドウ【甲州】実は山梨県に続く主要産地の第二位は島根県!!山梨県が飛び抜けて凄いのですが、それでもワイナリー件数を考慮すると驚きですよね…

 
『奥出雲ワイナリーと言えば…"小公子"&"シャルドネ"』

創業当初は山ブドウ交配品種を使ったワイン造りを主として立ち上げた奥出雲ワイナリー。現在、奥出雲ワイナリーと聞くとワインを知っている方々であれば山ブドウ交配品種の"小公子"フラッグシップワインの"シャルドネ"をイメージされる方が多いのではないでしょうか。地下の熟成庫には小公子のバックヴィンテージが眠っており、思わずテンションが上がりましたが、なかなかもう手に入らないでしょうね…ワイナリー長の佐藤氏曰く、小公子は糖度、酸度共に高く長期熟成に向くとの事です!!是非、個人セラーに"小公子"を加えたいと思えた瞬間でした。

近年の奥出雲ワイナリーさんの年間生産量はおよそ5万本とワイナリーとてもなかなかの生産量を誇ります!!そのため、ラインナップも個性豊かに取り揃っております。ちなみに…奥出雲ワインい描替えているロゴにはこんな想いが込められているようです。自然(葡萄の木)の中にいる二羽の鳥のモチーフは奥出雲葡萄園の「有機農業」というポリシーから生き物たちと自然にやさしい、生態系を乱さない農業そして、自然との共生を表しています。 向かい合う鳥は、人と自然、奥出雲葡萄園とお客様、また奥出雲ワインを通したお客さま同士のコミュニケーションを表しています。自然の中で造られたワインからいくつもの素晴しい「対話」が生まれることを願ったマークです。

 
 
カフェから覗く施設入り口 自然豊かな中でお食事が楽しめます

「品種に勝る技術なし」(品種に適性があることがベスト)と奥出雲葡萄園は考えます。造りたいワインありきで、そこから逆算して栽培を行うよりは、その土地に最も合うブドウ品種を見つけ、おおらかな気持ちで素直に育てて、充実した内容の果実が収穫することを目指しています。試験的にアルバリーニョを育てたいたのが個人的にはサプライズでした!!近年、日本でも東北地方を中心に栽培面積を拡大しており、日本ワインのホットワードです。そう遠くない時期に山陰地方のアルバリーニョがお披露目される日も来るかもしれません。
 
 
ブドウの開花した様子
 
 
貯蔵庫の様子

また奥出雲葡萄園の魅力は敷地内にお食事もできるレストランやカフェも併設しており、地元の食材をふんだんに使ったメニューは、地元のつながりから創作される心も身体もホッとすること間違いなし!!今回はガーデンテラスで食事を楽しみましたが、正にストレスフリー、楽園を見つけたと思いましたね…ここでも奥出雲葡ワインと美味しい食事が楽しめます。

ここ最近日本のワイナリーも20年前に比べるとおよそ2倍に拡大し続けており、今後もしばらくはワイナリー増加が期待されております。素晴らしい事です!!しかし残念ながら島根県は人口数が日本でも指折りに入るほど少ない県です。もちろんそこが自然豊かな土地を育んでおり、マイナスな部分だけではないのですが…

日本ワイナリーの増加に伴い「ワインツーリズム」という言葉が浸透して、島根県にも更なるワイナリーの増加、そこから年配の方々にワインが浸透し、働き手の若い方々が島根県を拠点にして活気が上昇し、数年後には島根県を数日かけて横断しながらワインを楽しむ機会が増える…島根に出生のルーツを持つものとしてはそんな期待を願うばかりです。

訪問者 ネット店 升田