世界的なウイスキーリテラー(酒屋)に与えられるICONS OF WHISKY(アイコンズ オブ ウイスキー)を4度獲得!現地から直接買い付けるプライベートボトル、現地直送の自社輸入ワインを中心に、日本国内や世界中から厳選されたウイスキー&ワイン達をじっくりとご堪能下さい。

自然派ワインの代表格『Philippe Pacalet-フィリップ・パカレ-』

自然派ワインの代表格『Philippe Pacalet-フィリップ・パカレ-』 自然派ワインの代表格『Philippe Pacalet-フィリップ・パカレ-』

マルセル・ラピエールの甥であり、プリューレ・ロックの醸造長を務めた人物"フィリップ パカレ"D.R.C.の醸造長を断るほど自身の哲学を貫くブルゴーニュを代表する造り手の一人"

ジュール・ショヴェ最後の生徒

元々、大人気の"フィリップ・パカレ"でしたが年を重ねるごとにその人気と名声は上がり続けています。 故「マルセル・ラピエール」を叔父に持ちディジョン大学で醸造学を学んでいた時に、自然派ワインの祖ともいえる「ジュール・ショヴェ」に師事しました。「ジュール・ショヴェ」に学んだヴィニュロンは数多くいますが (マルセル・ラピエール/フレデリック・コサールetc…)「フィリップ・パカレ」が最後の教え子で全てを学んだと言われています。 その後「プリューレ・ロック」の醸造を10年間担当。D.R.C から醸造責任者の誘いもあったようですが2001年「フィリップ・パカレ」として独立を果たしました。

パカレのワインスタイル

パカレのワインスタイル

フィリップ・パカレが最も大切にするのが畑に生息する野生酵母。土壌の力をワインで表現する為には野生酵母でないと無理だと考えます。 よって化学薬品の使用は一切行わなず、使用するのは硫黄とオリゴを多く含む植物性調剤、マグネシウムを含むシリスのみ。 醸造所では、まず人間がトロンコニック型発酵桶に入り、足で優しく葡萄をつぶしています。発酵は「セミ・マセ ラシオン・カルボニック」による全房発酵。発酵中の温度管理は行いません。
発酵温度を調整すると一部の酵母しか働かなくなり、その酵母が作る味になってしまいます。それは複雑味やその畑の個性を感じさせない単純な味になってしまうと考えています。醸造中はSO2を一切添加せず、瓶詰め前に必要最低量のみ添加する自然なワイン造りを続けています。 自然派ワインの代表格「フィリ ップ・パカレ」。実際には自身が行うワイン造りは全て化学で証明出来ると考える理論派です。ブルゴーニュという土地の圧倒的なまでのポテンシャルを高く評価しており、その土地の潜在能力を引き出すためには常に考えることをやめないフィリップ・パカレ。他のだれでもない彼だからこそ到達できる理想のブルゴーニュワインを求め、日々歩みを進めています。

自然派ワインの代表格『Philippe Pacalet-フィリップ・パカレ-』

国・品種問わず、同じような味わいのものをセレクトしております

気に入っていただけたら...

このマークを目印に個性豊かなナチュラルワイン【CleanNatural】をお楽しみください。
※味の感じ方には個人差もございますのでご了承ください。

【Clean Natural】商品一覧はこちら