世界的なウイスキーリテラー(酒屋)に与えられるICONS OF WHISKY(アイコンズ オブ ウイスキー)を4度獲得!現地から直接買い付けるプライベートボトル、現地直送の自社輸入ワインを中心に、日本国内や世界中から厳選されたウイスキー&ワイン達をじっくりとご堪能下さい。

夏を乗り切るクラハイ特集

ハイボールが美味しいCool Summer

9月に入るとともに東京は秋のような季節を感じられるようになりました。8月から一転して、朝からヒンヤリとしていますが、お盆期間に発生した梅雨のような秋雨前線が再び発生したそうですね。しかもこの前線、停滞している為か、前線付近と遠くで気温差があるそうです。南西部はまだまだ蒸し暑いそうですが、前線付近は一転して寒暖差を感じる肌寒さ。寒暖差で体調を崩さないようにお気を付けてお過ごしくださいませ。

さて、一年を通してお楽しみいただいているハイボール。ハイボールの起源は諸説ありますが、ウイスキーや焼酎を炭酸水で割る飲み方はもちろん、最近ではブランデーなどもソーダ割にして親しまれる事が多くなりました。このページでは、ウイスキーをソーダで割るハイボールについて価格別・ランキング制でオススメをご紹介させていただきます。

夏の蒸し暑さに合う爽快感溢れるハイボールに適した銘柄はもちろん、一年を通してお楽しみいただけるオールマイティな銘柄もご紹介しておりますので、是非参考にしてみてください。

5000円以内で選ぶ

第1位:イチローズ モルト&グレーン ホワイトラベル

どんなタイプ?

ライトでフルーティ

人を選ばず、必ず美味い!オールマイティな日本産ウイスキー!!

日本で造られており、信濃屋楽天市場店ランキングでもウイスキーのデイリーランキング1位、週間ランキング2位に輝いた「イチローズモルト&グレーン ホワイトラベル」。埼玉県秩父市で造られているこちらは、ウイスキーの中でも世界5大国と呼ばれる国々で造られたウイスキー原酒を最適な割合で混ぜ合わせて造られたボトルです。
もちろん世界5大国には日本も名を連ねており、秩父で造られたウイスキー原酒がブレンドされております。ハイボールも非常にオススメで爽快感が際立つフルーティタイプです。冬はウイスキー1:お湯2のお湯割りといった楽しみ方も。

詳しくはこちら

第2位:J&B 15年 (1000ml)

どんなタイプ?

フルーティで辛口

都内バーテンダー「イチオシ!」まろやかな口当たりと辛口でライトな味わいがお楽しみいただけます。

ラベルに特徴的な赤文字で描かれたJ&Bはそのまま社名を表しており、「ジャステリーニ&ブルックス社」のイニシャルです。42種類ものウイスキー原酒がブレンドされ、しかもこのボトルは断然お得なリッターサイズ。
普段年数表記の無いJ&Bレアをお飲みになられている方にはハイエンドモデルとして!「ウイスキーを飲むぞ!」という日のスタートアップには最高にオススメの逸品です。

詳しくはこちら

第3位:スカラバス 【ハンターレイン】

どんなタイプ?

スモーキー

初見ではなんとも幾何学的な模様に思えますが、「日照計」がエチケットに描かれたラベルデザインです。

日照計とは太陽からの陽射し、日照時間を測る器械で、スコットランドの中でも癖が強いスモーキーなタイプのウイスキーを作る事でも有名なアイラ島出身のジョン・フランシス・キャンベル氏が発明した事でも名をはせています。このボトルは、氏へのオマージュであり、アイラの自然の恩恵を隅々まで理解し、独自の製法によって生まれるある種ご褒美のようなウイスキーであることが見事に表現されております。
このボトルに限った事ではありませんが、ウイスキーは日々の時間経過によって変化し、飲む日によって味が異なります。毎日にちょっとしたワクワク感をプレゼントしてくれるウイスキー。好奇心と探求心をくすぐる素晴らしいギフトになるでしょう。

詳しくはこちら

10000円以内で選ぶ

第1位:コンパスボックス ピートモンスター (THE PEAT MONSTER)

どんなタイプ?

スモーキーで中庸

スモーキーかつフルーティ!革新者であり、開拓者でもある生産者が贈るウイスキー!!

「1820年生まれ、まだ強い。」という広告を打ち出した事でも話題に上った世界的に有名なブレンデッドウイスキーブランド「ジョニーウォーカー」のマーケティングディレクターとして活躍していたジョン・クレイザー氏が立ち上げたのがコンパスボックス社です。
同氏は、ウイスキーの「革新者」や「開拓者」として名を挙げられており、ウイスキー作りを「アート」に見立て、挑戦的に最高の作品を作り続けています。本ボトルは同社の人気商品"THE PEAT MONSTER"、その味わいはスモーキーで少しのフルーティさを内包しています。
アートは、作品に対しての捉え方が人による事が面白味の一つです。是非誰かと一緒に、このボトルをいろんな角度から、お楽しみください!

詳しくはこちら

第2位:ラフロイグ 10年(専用グラス&動画付き)【シングルモルトの歩き方】

どんなタイプ?

スモーキー&スモーキー

ラフロイグをより味わえる専用ロゴ入りグラス付き!

アイラモルトの王様として名高く、力強いスモーキーフレーバーが特徴のラフロイグが、専用グラスと動画付きで新登場!
専用グラスの形状にある丸みによって、香りが立ちやすく、口も小さいために強烈なスモーキー香が溜まりやすく、ラフロイグらしいドライで力強いスモーキーを愉しめます。

詳しくはこちら

第3位:ビッグピート アイラフェス 2019 【ダグラスレイン】

どんなタイプ?

スモーキーで中庸

アードベッグ、カリラ、ボウモア、ポートエレンを使用した限定ウイスキー!

毎年開催されるアイラフェスティバル向けの特別ボトリング。
記念ボトリングにふさわしい革新的なパッケージは、世界中のビッグピート “パル(仲間)”たち400人の顔写真をチューブにあしらったもの。事前にビッグピートファンの方たちにオンラインコンペを通じてセルフィーの投稿を呼びかけました。数ある蒸留所の中でもアードベッグ、ボウモア、カリラ、そして長い間閉鎖中のポートエレンのシングルモルトをブレンドすることで、スペシャリスト精神の込められた、これぞまさにアイラウイスキー、と言えるユニークなバッチとなっています。

詳しくはこちら

30000円以内で選ぶ

第1位:フェルディナンズ ザール クィンス バレルリザーブジン  (直輸入)

どんなタイプ?

人目を惹く真鍮製チューブ入り

パーカーポイント100点を獲得したワイン使用の樽熟成ジン!

こちらのボトル、基本的な製法自体は通常の「クインス」と同じですが、樽熟成されている事、ジンの比率が高い事が大きな違いです。
熟成には第一級の銘醸畑として知られる「ツェルティンガー ゾンネンウーア」の「ベーレンアウスレーゼ2017」の空樽が使用され、1年間の熟成が施されます。

詳しくはこちら

第2位:バランタイン 30年(直輸入)

どんなタイプ?

フルーティで中庸

熟成年数30年以上!至高のブレンデッドウイスキー!

バランタインの最高峰であり、かつブレンデッドウイスキーの最高峰とも言われている極上の1本!32種類のシングルモルトと5種類のグレーンウイスキーがブレンドされていると言われています。

詳しくはこちら

第3位:フェルディナンズ ザール ドライジン ゴールドキャップ2018  (直輸入)

どんなタイプ?

フルーティでフローラル

約7万前後で流通する極めて特別なワイン使用!

2013年の誕生以来、既に様々なアワードやゴールドメダルも受賞し、本国ドイツに留まらずヨーロッパ中のマーケットを瞬く間に席巻するフェルディナンズザールブランド。
「ゴールドキャップ」は年に1回限りの限定生産品。前回の「2016」リリースに次ぐ、「2018」ボトリングがいよいよ登場です。
今回はブランド誕生5周年の節目となる2018年に完成した事もあり、内容も更に奮発した特別仕立て。
定番のザール・ドライジンで使用されるボタニカルに追加して、ドライ・リースリング・グレープ、クランベリー、ダルメシアンセージ、自社農園産のカキドオシ&セイボリー(ともにシソ科の植物)の5種類を特別に使用。
添加されているワインは1999年ヴィンテージのアウスレーゼ。更に特別に優れた最高品質のキュヴェとして区別され、現地の小売価格で約7万前後で流通する極めて特別なワイン・ゴールドカプセルを惜しげもなく贅沢に使用しました。
不定期に1回限り瓶詰されるフェルディナンズ・ブランド最高峰のコレクターズアイテムです。
世界中のジンのなかでもゴールドキャップだけが持つ、極上の味わいをぜひご堪能下さい。

詳しくはこちら

30000円から選べるギフト

第1位:ロイヤルハウスホールド

どんなタイプ?

フルーティ&シルキー

英国御用達!由緒正しきスコッチウイスキー「ロイヤルハウスホールド」

ブキャナン社は厳選された貴重な原酒を門外不出の技術によってブレンドし、英国王室にふさわしい 品格と気品に満ちたスコッチを見事に造り上げました。
そのため、英国でも限られた場所でしか飲むことが許されていませんが、昭和天皇が渡英された際に、英国王室との友好な関係が認められ、日本では特別に飲むことが許されています。
絹のようになめらかで繊細な味わいは唯一無二のスコッチとして完成されており、英国王室と日本の人達を魅了し続けています。

詳しくはこちら

第2位:【オールドパティキュラー】 グレンギリー [1993] 24年 リフィルシェリーバット ダグラスレイン70thアニバーサリー FOR SHINANOYA 【ダグラスレイン】 

どんなタイプ?

スパイシー&フルーティ

ウイスキーの当たり年「1993年」蒸留の逸品。

ハイランド最古の蒸留所の一つとして、1785年以来、200年以上の歴史を持つグレンギリー蒸留所。現在ではモリソンボウモアディスティラリー社傘下としてブレンデッド原酒は一切手がけず、シングルモルト原酒だけを生産する専門蒸留所でもあります。 長い歴史のなかでオーナーは変わりながらも伝統を引き継いだ味わいは守られており、ハイランドの模範的な味わいを維持し、今のトレンドにも通じる進化を遂げています。その高品質な酒質は同社とのファーストジョイントで採用した1990ヴィンテージ25年や銀座店21周年記念ボトリングを始め、プロフェッショナルまで幅広い支持を集めています。高いストック力を誇るレイン家のストックから共に見出したのは1993年ヴィンテージの24年熟成原酒。その時代は1995年~1997年の一時休止前となり、1880年代から受け継ぐピーテッド麦芽を用いた原酒作りが行われ、黄金期とも評される1960~70年代の製法が踏襲され、オイリーで複雑かつスモーキーなスタイルが身上。また、同ヴィンテージは同じ系列のボウモア蒸留所のビッグヴィンテージとして有名であり、その関連性も大いに興味深いところです。今や貴重なスペックから選ばれた1樽は色濃い色彩も目を引く、シェリーカスク。伝統的なシェリーの恩恵を体感させるそのマリアージュはエントリーユーザーからプロフェッショナルと飲み手を選ばずにまさにこれからの時期にじっくりとその厚みを楽しんで頂きたい1本です。70周年を迎えたDL社の看板、「オールドパティキュラー」から加水なしでそのままの味わいをボトリングした特別なSHINANOYA向けアニバーサリーボトリング。
『ハイランド佳酒の失われゆく黄金期の片鱗を、この機会にご堪能下さい。』

詳しくはこちら

第3位:【ラムネイション】ジャマイカ 25年 【ウィルソン&モーガン】

どんなタイプ?

エステル&フルーティ

食事に合わせるためのラム!

ラムネイションシリーズではウイスキーと同様に、生産地であるカリブ諸島を巡り、さらに、銘柄を前面に出さず、その地域の特徴を、ビギナーにも飲みやすく、解り易く、親しみ易い、と言う事を考え抜き、セレクションが行われています。
その味わいは、同社のウイスキーと同じく、上品で優雅な味わいが表現され、世界市場でも人気を集める高いクオリティーを保っています。本ボトルは、EmbassyシリーズのNo.1となる、初リリースでヨーロッパでは選ばれたバーと酒販店様のみにて販売が可能となるシリーズ。1991モニマスク、1992ハンプデン、1985/1986ロングポンド等がブレンドされた長期熟成ブレンド。

詳しくはこちら

ウイスキーハイボール大全のご紹介

2021年7月20日に発売した、ウイスキーベースのハイボールに特化した専門書。
ウイスキーをソーダで割ったシンプルなハイボール。この爽快な飲み物はここ10年程ですっかり日本に定着し、飲食店やBAR、家庭等で楽しまれています。気軽に楽しめるが故、特にこだわる事も無く飲まれている方も多いと思いますが、ベースとなるウイスキー、割り材にするソーダ、使用するグラス、氷の組み合わせは無数にあり、その組み合わせひとつでハイボールの味わいや風味は大きく変化します。また、作り方にも様々なノウハウがあり、同じ材料・同じ条件でハイボールを作っても、作り方の違いで味わいは大きく変わってきます。本書籍は、そのようなハイボールを深く掘り下げ、日本でハイボールが飲まれてきた歴史から、おいしく飲むための作り方、ベースとなるウイスキーや材料の選び方等を詳しく解説した書籍です。プロのバーテンダーやジャーナリストの意見を汲んだハイボールにお薦めの銘柄リストは全126本を網羅し、バーテンダーさんが考案した特別なハイボールレシピと、これに合うフードペアリングのレシピも多数掲載し、ハイボールの多彩な愉しみ方も提案しています。ウイスキー独特の風味が苦手でこれまでは敬遠してきたという方も、ソーダで割った爽快なハイボールからウイスキーに慣れ親しめば、今や世界的なブームの最中にあるウイスキーの魅力に気付く事でしょう。