世界的なウイスキーリテラー(酒屋)に与えられるICONS OF WHISKY(アイコンズ オブ ウイスキー)を4度獲得!現地から直接買い付けるプライベートボトル、現地直送の自社輸入ワインを中心に、日本国内や世界中から厳選されたウイスキー&ワイン達をじっくりとご堪能下さい。

ブルゴーニュにて日本人醸造家 仲田 晃司 氏が手掛ける『Lou Dumont-ルー・デュモン-』

ブルゴーニュにて日本人醸造家 仲田 晃司 氏が手掛ける『Lou Dumont-ルー・デュモン-』 ブルゴーニュにて日本人醸造家 仲田 晃司 氏が手掛ける『Lou Dumont-ルー・デュモン-』

神様と称されるアンリ・ジャイエ氏が認めた、日本人醸造家 仲田 晃司 氏が手掛けるワイン『Lou Dumont-ルー・デュモン-』

仲田 晃司 氏という人物について

大学生時代にアルバイト先のフレンチレストランでワインに出会い「いつか自分の手でワインを造ってみたい」という夢を抱いた青年は、1995年、頼るつてもなく単身渡仏。フランス語の勉強をしながら各地の醸造家の門を叩いて修行を重ね、2000年7月7日、ブルゴーニュの地にルー・デュモンを設立しました。仲田さんのワイン造りを特徴付けているのは、まさしく日本人職人的と言うべき、周りがあきれるほど細部まで徹底的にこだわる仕事への執念です。仕込むワインのテロワールや個性を研究し尽くした上で、樽の選定眼や熟成方法を駆使してワインを磨き上げます。
2003年5月、在りし日のアンリ・ジャイエ氏より「自分自身のアイデンティティをワインに表現せよ」との薫陶を受け、「日本人であるということ」「自然と人間に対する真摯な尊敬の念」の象徴として、「天・地・人」が生まれました。「ワインを通じてアジアの架け橋になれればと願っています」という仲田さん。現在ルー・デュモンのワインは、日本、韓国、台湾、中国、シンガポールといったアジア諸国を中心に販売されています。
2008年8月、ジュヴレ・シャンベルタン村に念願の自社カーヴを取得しました。様々なメディアでも取り上げられ、もはやワインを知っている方で仲田氏を知らない人はいない程の知名度を誇りながら、弛まぬ努力を怠らない仲田氏から今後もますます目が離せない存在です。

ブルゴーニュにて日本人醸造家 仲田 晃司 氏が手掛ける『Lou Dumont-ルー・デュモン-』

『Lou Dumont-ルー・デュモン-』シリーズは多種多様

"天地人"について

2003年5月、在りし日のアンリ・ジャイエ氏より「自分自身のアイデンティティをワインに表現せよ」との薫陶を受け、「日本人であるということ」「自然と人間に対する真摯な尊敬の念」の象徴として、「天・地・人」が生まれました。「人は天と地によって生かされている」という仲田氏の考えに基づいて造られるワインは、エチケットにも『天地人』と描かれ、ルー・デュモンの代名詞として広く知られる存在になりました。

"スタジオジブリとのコラボレーション"について

スタジオジブリのプロデューサーであり、書家としても活躍中の鈴木敏夫氏が、ルー・デュモンのワインラベルを手がけました。ラベルの「天地人」「Pinot Noir」「Chardonnay」「紅の豚」の文字は、鈴木氏愛用の熊野筆にて書き下ろし。そしてラベル右下の落款は、アニメーション映画監督・宮崎駿氏によるデザインです。ワインは、仲田さんの友人が醸造長を務めるブルゴーニュのネゴシアンが造った、南仏の各作品からのタンクセレクションです。

"レア・セレクション"について

ワインの買い付けのために毎日のように生産者を訪ね歩いている仲田氏が、地道な活動の中で見つけた蔵出し古酒。メゾン・ルー・デュモンにクルチエ達がビン買い(”シュル・ピル”といいます)条件で持ち込んでくる古酒。それらの中から、コストパフォーマンスが抜群なものだけを仲田氏が厳選して紹介してくれるのが「レア・セレクション」です。これぞまさしく、ブルゴーニュ古酒の”いいとこどり”であります。尚、セレクション各古酒の生産者名は非公開です。あくまでも”仲田印”です。

ブルゴーニュにて日本人醸造家 仲田 晃司 氏が手掛ける『Lou Dumont-ルー・デュモン-』